条例に適した基準で建築|交通アクセスの良い土地で新築一戸建てを購入しよう

交通アクセスの良い土地で新築一戸建てを購入しよう

家の模型

条例に適した基準で建築

内観

新築で注文するケース

京都で注文住宅を新築する場合は、京都ならではの建築基準に適した設計が必要になります。歴史のある景観を守るため京都では基準の厳しい条例を設けており、注文住宅にも適用されるからです。地域によっては低層階住宅地、中高層階住宅地などの分類があるので、注文住宅の階数にも制限があると考えて良いでしょう。ただし、地元の条件を理解した設計会社や建築会社と相談すると、条例に合わせた的確なアドバイスが受けられます。建築を終えてから条例に触れる可能性が出るのは、費用面での負担も大きくなるので、事前に相談する相手が求められています。土地選びの段階から専門家に相談しておくと、理想的な注文住宅を建てることができるでしょう。

中古で購入するケース

注文住宅を新築したい方の他に、条例に合わせて建築された既存の注文住宅も選択肢になります。高さや道路との幅員などすでに条件をクリアしていますので、専門的な知識がなくても容易に購入できるのは確かでしょう。また、増改築については比較的緩い基準となっています。しかし、増改築完了後の指摘があると、その改修は費用増につながるので、新築の注文住宅同様プロに相談するのが理想的です。この場合は、リフォーム業者や建築業者との相談で十分対応できるでしょう。街並みに歴史や文化を感じる京都で、注文住宅を手に入れるにはその地域のルールに従うことが求められると考えて構いません。違反が指摘された場合、自治体からの回収が求められるケースもあるので注意しましょう。